デイサービスの経営とは|必要なノウハウを叩き込もう

未納を防げる

オフィス

企業の代わりに集金代行をしてくれる業者があります。これらを利用するとスムーズに料金を回収出来るため非常に便利です。依頼をする際は回収方法を選択して、信頼出来る業者を選びましょう。

注意点がある

ビル

介護事業を始めるにあたり、要件や注意点は必ず頭の中へ取り入れておく必要があります。また、専門家の力も必須になるでしょう。あるいは自分自身で知識をつけて、開業をするという考えもありですが、デイサービスを始めるためにも事前に知っておきたいことが山のようにあります。立ち上げから、経営までの基本的な知識を植えこみながら、デイサービスの経営をうまくやっていきましょう。

介護保険が適用されるデイサービスは、入居者の家族にとってありがたいシステムになります。そのため、導入する場合は法人格の取得と指定業者としての基準をクリアしなければいけません。これは必ず必要になりますからデイサービスの経営をすると決めた時点で確認をしておく必要があります。なお、法人格の取得ですが場合によっては時間がかなりかかってしまう恐れがあるため、開業予定日から逆算をして準備にとりかかることが重要です。そして指定事業者申請前には、先に従業員と雇用計画を結んでおき、資格取得者であれば資格証明書の提出を促すことも忘れてはいけません。デイサービスの経営には指定業者を含め、スタッフの数と運営基準を満たすことが条件になっています。経営をすると決めているのなら、人員集めを始めに行なっておくと準備もスムーズになります。また、介護保険に関しては入金にかかるタイムラグを踏まえて、利用者の増加がされるまで資金操りができるかどうか考慮する必要もあるでしょう。ちなみに経営をするためには、設備投資だけでも200万円はかかり工事に関しては300万円という大金が必要です。送迎車はガソリン代を含め、食事代も事業主が支払うことになります。

対応決済の種類

社内

決済代行比較サイトでは決済代行サービスを行なう企業の種類をしっかりと調べることが可能です。セキュリティのレベルや信頼性などもしっかりと確認することが可能ですし、価格も知ることが出来ます。

サービスの比較

相談

決済代行業者のサービスや内容を比較して活用し、クレジットカードなどで決済を済ませたい海外からの観光客にも利用しやすくすることで客足を増やすことが出来ます。導入検討してみてはいかがでしょうか

このエントリーをはてなブックマークに追加